新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を鑑み、8月1日(日)に開催を予定していました第12回パーソナリティ障害講演会を中止することといたしました。
2月に続いての中止となり、楽しみにしてくださっていた皆さまには、大変なご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。
皆さまの安全を確保し、安心して来ていただける状況になりましたら、また開催できるよう準備してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



第12回パーソナリティ障害講演会


パーソナリティ障害とともに生きる〜苦しいけれど、どうにかしたい〜

日時:2021年8月1日(日)13:00〜(12:30開場)

場所:横浜市健康福祉総合センターホール

定員:150名(事前申込不要)

参加費:1部・2部 会員1500円 一般2000円
1部のみ 会員1000円 一般1500円


プログラム

第1部13:00〜14:30
講義「パーソナリティ障害基礎講座」(医療編と就業編)
中根潤先生(下総精神医療センター副院長)
中島契恵子(横浜戸塚就労支援センター)
質疑応答

第2部14:45〜15:30
ミーティング
当事者 先着15名
家族・支援者 定員制限なし
(ミーティングのみの参加はできません。ご了承ください。)


講演会の見どころ

「パーソナリティ障害(PD)=境界性パーソナリティ障害(通称ボーダー:感情の起伏が激しく、暴力や暴言、自傷行為などが頻発するタイプ)」と思われがちですが、実はそれだけではないことを御存知でしょうか。
仕事や役割が続かない、長い引きこもりで外へ出られない、強すぎる対人恐怖症、頻繁な美容整形、長引く摂食障害など、病状が長引いたり繰り返したりする心の病には、ほぼ何らかのパーソナリティ障害が関与していると言われています。

今回の講演会のサブタイトルは「苦しいけれど、どうにかしたい」です。そのために、「こうするといい」ではなく、「これはしない方がいい」を探します。

なお、当初、予定されていた「体験談発表」が都合により上記の内容に変更となりました。体験談発表を楽しみにしてくださっていた方、大変申し訳ありません。

第12回パーソナリティ障害講演会のチラシ(PDF)


お問い合わせ先

NPO法人のびの会事務局
電話 045-787-0889
(受付時間:火〜金曜日 11:00〜17:00)

メール kouenkai,nobinokai.or.jp


お願い

・来場の前に検温をお願いします。37.5℃以上の場合はご来場をお控えください。
・マスクの着用と、会場での手指消毒にご協力ください。
・会場内では他の方と距離を取ってご着席ください。
・会場や病院への直接のお問い合わせはご遠慮くだい。


会場アクセス

・JR京浜東北線、根岸線「桜木町駅」下車。南改札を出て右手にある「野毛ちかみち」を下り、「西出口」(エレベーターあり)からお上がりください。
・横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」は、そのまま「野毛ちかみち」につながっています。